29億円の遺産?

おととい、メッセンジャーで突然こんなメッセージが私に送られてきました。

Dear Mr Kei-2,

Am a banker working with Barclays Bank here in U.A.E Dubai I write to contact you over a very important business transaction which will be of great interest and benefit to our both families.

In 2007,one Mr. kei-2, whose surname is same as yours and has your country in his file as his place of origin, made a fixed deposit for 36 months, valued at $26,700,000.00 with my bank. I was his account officer before I rose to the position of Managing Director. The maturity date for this deposit contract was 27th of September 2010.Sadly Mr. kei-2 was among the death victims in the September 2009 earthquake in Indonesia that left over 1,200 people dead while he was there on business trip.

Since the last quarter of 2010 until today, the management of my bank has been finding means to reach him so as ascertain if he will roll over the Deposit or have the contract sum withdrawn. When I discovered that this will happen, I have tried to think up a procedure to preserve this fund and use the proceeds for business.

Some directors here have been trying to find out from me the information about this account and the owner, but I have kept it closed because, I know that if they become aware that Mr. kei-2 is late, they will corner the funds for themselves. Therefore, am seeking your co-operation to present you as the one to benefit from his fund at his death since you have the same name, so that my bank headquarters will pay the funds to you. I have done enough inside bank arrangement and you only have to put in your details into the information network in the bank computers and reflect you as his next of kin.

I intend for you to retain 50% of the funds while 50% shall be for me. Do you understand?

i wait to hear from your response if you are interested in other to send you the transaction requirement and other details of the transaction. This is my private email address:(◯◯◯◯@gmail.com)

Mr. □□□□

Barclays Bank of Dubai

翻訳ソフトで翻訳すると・・・

親愛なるKei-2さん、

ドバイのバークレイズ銀行で働いている銀行員です。非常に重要な取引について連絡します。私たち両者の家族に大きな関心と利益をもたらします。

2007年には、氏名があなたと同じで、出身地として彼の国をファイルしているkei-2氏が、36ヶ月間定期預金を出しました。私の銀行は26,700,000.00ドルでした。私はマネージングディレクターの地位に就く前に彼の経理責任者でした。この預金契約の満期は2010年9月27日でした。kei-2さんは2009年9月に発生したインドネシア地震の1,200人以上死亡犠牲者の一人でした。出張中に死亡しました。

2010年の最後の四半期以降、私の銀行の経営陣は、彼が預金を転貸するか、契約総額を引き落とすかを確かめるために彼に連絡する手段を見つけています。この案件が発生することを発見したとき、私はこの基金を保存し、その収益をビジネスに使う手続きを考えようとしました。

ここの取締役の中には、この口座と所有者に関する情報を私から探し出そうとしている人もいますが、私はそれを凍結しています。なぜならkei-2が遅れていることに気付くと、彼らが彼ら自身が独占してしまうからです。したがって、あなたがMr.kei-2と同じ名前を持っているので、私の銀行本部があなたに資金を払うように、彼の死亡時に彼の資金から恩恵を受けるものとしてあなたを提示するためにあなたの協力を求めています。私は十分な銀行手配を済ませました。あなたは銀行のコンピュータの情報ネットワークにあなたの詳細を入れ、彼の最上位の親戚としてあなたを反映させるだけです。

私は50%の資金をあなたに維持し、残り50%は私のためにするつもりです。理解できますか?

取引条件やその他の取引詳細をお送りする他に興味がある場合は、ご返信をお待ちしております。これは私の私用メールアドレスです:(◯◯◯◯@gmail.com

Mr.□□□□

バークレイズバンクオブドバイ

・・・・よくできた話じゃないですか。(笑) $26,700,000.00 ということは、2,670万ドルですから、1ドル110円換算で、29億3700万円です。半分やるから半分よこせ・・・・ってことですね。

それにしても・・・たしかに最初はフェイスブックで、偶然私の姓と同じフィリピン人がいるなぁと思って、その人とフェイスブックの友達にになって・・・・あぁ、もしかしたらフィリピンに行った日本人が、現地で2世、3世で残ってるのかなぁと思って、そしたら、またその親戚か何かで同じ姓の人がイランの方にもたくさんいることがわかって、またその人たち数人ともフェイスブックの友達になって・・・・イランにまでいってることも考えられないのですが、どうも偶然にも私の姓がイランにもあるようです。

それでフェイスブックつながりで、同じ姓の日本人である私をこのドバイの銀行員を名乗る人が見つけたのでしょうねぇ。15億円近くのお金が私に転がり込むことになりそうです。(笑)ドバイならありそうな話ですねぇ。とりあえず、タックスヘイブンケイマン諸島ペーパーカンパニーを作って、そこの口座に振り込んでもらいましょう。月末にその手続きのためにマイアミ経由でケイマン諸島まで行ってきます。マイアミから飛行機で1時間半くらいです。遠くないですね。

15億を何に使うか・・・・と考えて、とりあえず尖閣諸島を買って、そこで湖南料理の店とカラオケ作って、日本人と中国人が交流できる場所にしようかなぁと思っています。これで日本と中国の国境問題は改善できるかと。私の使命のような気がします。(笑)

夢があるおもしろい話でしょう?