プラチナプロシオンF

一番最近買った万年筆。

プラチナの、プロシオンです。

今年発売されたばかり、プラチナ独自の、スリップシール機構は、もちろん搭載。

その他にも、様な研究がなされ、数年を要して発売された、というこの万年筆、使い心地はいかに?

まず、5400円という値段以上に、見た目の高級感があります。

結合式ではなく、ネジ式のキャップというのも、この価格帯では珍しいのではないでしょうか。

そのキャップも、ネジ式ではあるものの、一回転半ほど回せば外せるという、フットワークの軽さ。

そうすると、気密性が心配になるところですが、スリップシール機構搭載ですから、ドライアップなどの心配もありません。

ペン先は、スチール。

ここにも、いろいろな研究の成果があるようで、ペン先の形や、インクを吸い上げる穴の場所の変更、等。

ペン先は、一見プレピーやプレジールと同じように見えますが、それよりも長さがあります。

スチールペン先ながら、柔らかい書き心地を目指した、との事ですが、たしかにスチールペン先にありがちな、カリカリ感やガチガチ感がないと、個人的には思います。

金ペンほどではないというのともまた違って、金ペンとはまた違う、柔らかめのタッチと形容したい感じです。

サリサリ感は、若干あるかもしれませんが、紙の上を滑っていくような感覚は、ある気がします。

軸も、この価格帯にありがちな、細めの軸ではなく、ズッシリとした太め。

このあたりも、高級感があります。

質感も良く、値段を言わなければ、もっと高級モデルと思われるのではないでしょうか。

もちろん、コンバーターが使えるので、僕は色彩雫の月夜を使用。

軸色に合わせた、というのは大いにあります。

ペン先は、FとMの二種類で、僕はFを選びました。

やはり、手帳等への書き込みを意識した選択ですが、いい感じに使えています。

ここしばらく、Fより太い字幅を、ほぼ買ってないのですが、色違いの軸でMも欲しい!と思わされています。

そのくらい気に入っている、最近の自分の中では、ヒットです!

ここ数年、万年筆が密かな?ブームという感じになり、パイロットのカクノが大ヒット。

自分も持っていますし、書き味もいいのですが、もう少し軸の種類に変化があれば、と思ったり。

なので、数本所持しているカクノは、現在スタメンには入っていません。

同じプラチナでもプレピーは、値段の割には良い書き味とは思いますが、値段相応で、物足りなさも同時に感じます。

そのワンランク上だと、パイロットのコクーンあたりになりますか。

残念ながら、僕は持っていないのですが、試筆してみて、これならカクノでもと感じました。

例外的に、プレラは一本持っていて、それはカリグラフィーペン先に惹かれて。

ただ、カリグラフィー文字を書く機会もないし、手帳にはちょっと使えないので、眠っています。

その上というと、ラミーサファリになるでしょうか。

実は今の僕のスタメンは、ほぼラミーなんですがそのお話しは、また改めて、正直書き味は、プロシオンに軍配、という感じ。

とはいえ、プロシオンの方が高く、ラミーだとアルスターと同等くらいの金額。

まあ、ペン先はサファリもアルスターも同じなので、書き味に限って言うと、プロシオンはやはりいいですね。

例えば、初めて万年筆を買う人が、5000円前後の予算で、リーズナブルに買いたいという話しが出たら、ラミーとプロシオンを試筆してもらって、好きな方を選んでもらう、と僕はするかと思います。

ラミーの、ガッチリめの書き味が好み、となるかもしれませんし、プロシオンの柔らかい書き味に惹かれるかもしれないしそのあたりは、好みですもんね。

あとは、ラミーは毎年の限定品を含め、軸色を選ぶ楽しみ、というのがあります。

そのあたり、ラミーに及ばないまでも、プロシオンも今後更なる軸のバリエーション拡大も、期待したいところです。

スチールペンにしては、少お高め、という方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には今イチオシ!です。